本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.090-6105-0294

〒314-0021 茨城県鹿嶋市粟生3042-38 102号
   

                  


ナビゲーション

2019年公立高校受験
  合格実績/佐原高校3名、
  白楊1名、小見川1名、
鉾一2名、鹿島2名、
柳川1名、潮来1名

学校や塾での大人数の集団授業が
苦手な生徒さん達、
個別指導だとマイペースでなかなか結果が
でない生徒さん達が、
転塾して結果を出しています。
塾との相性もあると思いますので、
まずは、体験授業を受けてみる事を
お勧め致します。


夏期学習(7月、8月)は、
復習をします。
2年生は、中1に遡り、
1年生は1学期の復習を
今のうちにします。
2学期からは難しい単元に
入りますので、
今のうちに復習をしましょう。


小学生コース(小4年生より)あります。英語は英検指導します。


鹿嶋市、神栖市の学習塾鹿嶋市、神栖市の学習塾  卒業生の声 ブログ  お問合せ 無料体験学習申込は こちらから

今週のブログ


           
 

 

      新しい息吹

先週、枯らしてしまった観葉植物のアジアンタム、枯れた葉っぱを全部切ったその後に、ちっちゃな芽が出ていました。新しい息吹です。今日数えたら、芽が4つもありました。水分を必要とするシダ類なので、朝、晩の水やりと、芽の成長ぶりを確認することが、私の最近の日課です。そして癒しです。なんだか愛しい。そして、応援したくなる!

塾でも、嬉しい息吹がたくさん見られました。                                                                                             

この2週間は、社会、理科ウィークでした。うちの夏期講習での要となる期間です。

 

私は、ある一人の生徒さんに、質問しました。「勉強、辛い?」やぼな質問ですね。速攻、「辛いです。」と、返答がありました。

 

うちの塾のほとんどの生徒さんは、夏だけで理科、社会の点数を大幅に向上させます。実力テストの理科、社会で50点前後の生徒さんが80点台をとるようになるうちの夏期講習、、、、そう考えると、学校で学んだ2年間はいったい何なのかな???毎年思ってしまいます。子供達の覚悟と努力は、計り知れないものなのでしょう。


 

喜怒哀楽を凝縮したようなこの2週間、、、                                  

子ども達にとって、「喜」は、もちろん、大幅な点数のアップです。

 

「怒」は、塾長から雷を落とされたこと??学年の10%に入るような子供たちでさえ、うちの塾では時々喝が入ります。それでもめげずについてくる子供たちは、なかなかたいしたものです。因みに、私は、優しい存在です。いい塩梅のバランスですね。

 

「哀」は、課題がクリアできないこと、暗記の海で必死にもがき、溺れそうになったこと??焦りだと思います。

 

そして「楽」は、これまで分からなかったことが分かるようになったこと、できなかったことができるようになったことですね。

 

辛さを乗り越えた後に出した素晴らしい結果は、確実に子供たち自身の意識を変えます。私は、一人一人の笑顔からそのことを確実に感じ取りました。

 

                                                                                           

子供達の内面の変化、心の成長は、すさまじいです。今年は、自ら自習にやってくる生徒さんがほとんどです。特に神栖校は、午前中講習、そして、夜は自習が当たり前になっているのがすごいです。                 

                                                               私は、そんな子供達の成長を感じながら、なんだか幸せな気分にひたってます。うちの今年の三年生は(も)、本当に応援したくなる!!                        

 

ブログ

PC版

スマートフォン版